花祭り

本日、4月8日はブッダの誕生日なのですが、仏教国と言われるベトナムにもかかわらず、これといったイベントがありません。
新暦で4月8日だからないのかと思っていましたが、ベトナム人の友人に聞いていると旧暦であっても行われないようです。

花祭りについて、少し調べました。
正式には降誕会(こうたんえ)と呼ばれています。
なんで花祭りかと言われるかと言いますと、明治時代になって新暦が採用されるようになると、4月8日の時期はちょうど桜が満開となることから浄土真宗の僧侶が「花祭り」と言うことばを提唱したことが始まりと言われています。
これを知るまでは仏教のことなので室町時代とかもっと古くから言われているものだと思っていましたが、あんがい歴史が浅くて驚きました。

ちなみにブッダの誕生日は、日本に伝来したのは旧暦4月8日と伝わっていますが、地域によって伝承日が異なっており、旧暦4月1日〜4月15日の間といわれています。仏教国として有名なタイはブッダの誕生日が4月15日前後とされているため、タイ正月であるソンクラーンがこの時期に行われています。

来週はソンクラーンが週末なので水かけ祭りを楽しむためにタイへ行く予定にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です