魅力的な直接投資への新たな手法

地方の給料が上がり、世界のトレンドがシフトする中、ベトナムはこれからの新たな直接投資の魅力について、経済に価値をもたらすいくつかの優先セクターに注目しつつ立案しています。
計画・投資省はその案の中で、ベトナムが国にとって強い利点があるセクターに焦点を当てる計画であるとしています。そのターゲットは、ハイテクノロジー、ニューブランディング、ニューマーケティング、海外の企業がもたらす高い価値などです。
5つのセクターとはハイテクノロジー/ICT、加工製造業、裾野産業、観光、ハイテク農業です。
外国投資企業ベトナム協会のグエン・マイ会長は、グローバルなトレンドが形作られ、地域の競合性は変化していると話します。
EUやアメリカからのベトナムへの出資は、他のアジア諸国と比べると停滞しており、新たな直接投資(FDI)を作らない限りこの状況は続くとみられています。
「投資奨励策をオファーすることはある特定の期間であればいいですが、ベトナムはFDIをひきつけることに頼りすぎるのはもうやめたほうがいいのです。なぜなら、私たちには他に効果的な方法があるからです。」と彼は言いました。
マイ氏は2014年に、ベトナムは直接投資の魅力という点で中国には勝てないとしましたが、今なら可能だと言いました。中国の投資政策が変わってから、投資家は中国を後にし、より魅力的なベトナムやインドネシアなどに投資を始めました。
この新たな直接投資の展望において、ベトナムはインドの安い労働力と技術力には勝てません。インドの平均賃金はベトナムよりはるかに低いのです。ハイテク分野での直接投資では、ベトナムはインドと比べると魅力的ではないでしょう。
新たな直接投資の魅力的戦略はベトナムの労働力の安さはもはや利点ではないということを証明するでしょう。
「ベトナムにとって、本当に重要な時間となります。賃金は上昇しています。これは政府の目標なのです。その間に、ミャンマー、カンボジア、バングラデシュなどの地域の他の国々がベトナムより低い賃金で労働力を提供しているのです。」と新興成長市場投資戦略に特化した投資コンサル会社、Armillaryのサイモン・ニハール・ベル氏は言います。
「もしベトナムが低賃金という点に固執すれば、失敗するでしょう。給料が上がって、ベトナムはTシャツや携帯電話を安く作るための工場を作るには魅力的ではなくなるのです。ベトナムは今後、低賃金ではなく、技術と高品質、ビジネスをする良い環境と高賃金において人々を惹きつける努力をする必要があるのです。」
ベル氏はアメリカとイギリスを例にあげました。この2国は世界で最も直接投資の魅力がある国です。賃金水準が高いにも関わらず、多くの直接投資を引き寄せています。「なぜ人々がそこへ行くかというと、スキルとテクノロジーがあるからです。それらは、私たちがベトナムに持って欲しいものなのです。」と彼は言いました。
ベトナムの新たな戦略を立てる支援をしている世界銀行によると、世界のトレンドが第4次産業、自由貿易協定、新しい経済モデルにある中で、提案された目標セクターは実行可能で、ベトナムにとって価値のあることです。これらのセクターの外国人投資家はハイテクノロジー、資本、国内企業が持っていないような研究開発(R&D)のノウハウをもたらすことができるの
です。
例えば、高級な金属や化学物質のための第二の加工産業では、国内市場も地域の市場もそれらの製品をとても必要としています。ベトナムは炭化水素やミネラルなどの入力資源が豊富で、競合的エネルギーや労働コストにも同様のことが言えます。
「金属や化学物質の器材製造を標準レベルまで上げる間、国内企業はR&Dを発展させるのに何年もかかるでしょう。」と世界銀行の代表者は言います。
さらに重要なのは、このセクターでベトナムが多くの直接投資を引き寄せれば引き寄せるほど、経済にとってさらなる価値をつけるということです。これは国のバリューチェーンの競合性を高め、より高い価値の製品を生み出すことで入力資源の価値も大幅に増加させます。世界銀行はこのセクターにおける労働者1人あたりの平均価値は年30,000ドルから40,000ドル増に
なると見込んでいます。
実際に、日本や韓国の電気、自動車、バイクなどの大手企業を含む多くの海外製造業が不満を持っています。海外製造業の一次下請け企業や二次下請け企業をベトナムなどに作っているにも関わらず、必要な金属、プラスチック、化学物質は輸入しなければならないからです。これはコスト増と製造の長期間化に繋がってしまいます。
「競合性を保つための最大のチャレンジは、彼らが全てのものを輸入する必要があるということです。これはコスト増となります。1番の価値があるのは、ベトナムにサポーティングインダストリーを確立することです。」とベル氏は言います。「年間200,000台近い自動車がベトナムで生産されていますが、タイの生産量は2,000,000台を超えています。同じ環境や技術を持っているのに、中国だけではなく、インドと比べても遅れをとっているのです。」
ベトナムは直接投資において大きく進歩してきました。2016年には、インドネシアとともに、ASEANのFDIアトラクションにおいて最も成功した国になりました。
国連貿易開発会議の統計によると、2016年のFDIの対GDP率は6.1%となり、地域の国々と比べても高い数値となりました。マレーシアは3.3%、ミャンマーは3.2%、フィリピンは2.6%、インドは2%、中国は1.2%、タイは0.4%となっています。

モンスターたちはどのようにして保育の仕事に就いたのか

ホーチミン市にあるMam Xanh幼稚園の3人の保育士が、3歳から5歳の子供の顔、背中や頭を叩き、怒り狂って子供を投げているところを目撃されました。幼稚園で乳母や保育士が子供達に行った残忍な行為はとても恐ろしいものでした。

これは社会的にも心理的にも深い沈滞を示しており、親や大人、権威や政治家誰もが認識できていないものです。
ソーシャルワーカー、心理学者やその他の専門家などはこの問題について信用できる説明をしていません。犯罪-罰-抑止力という典型を超えてしまっているのです。
チャン・ダイ・クアン国家主席は子供達に対する暴力を防ぐために、今週、国中のプレスクール、幼稚園、子供グループの幅広い検討と法遵守の点検を行いました。
要請は国で問題になっているプレスクールでの暴力について最新の情報を得るために行われました。ホーチミン市にあるMam Xanh幼稚園の3人の保育士が3~5歳の子供の顔を叩いているところを目撃され、背中や頭を叩き、さらに子供を投げていたようです。

プレスクールの先生や保育士が子供達を平手打ちしたり、手やスプーン、ナイフで叩いたり、殴ったりしているところを明らかにしています。当然のことながら、これらの被害に遭っている子供は低所得者層の子供で、小さな私立幼稚園に行かせることしかできない家庭ばかりです。そして、その多くは違法な幼稚園なのです。権威の反応(検査、点検、再調査、より厳しい法律や罰則)が必要とされていますが、特に新しいことをする様子もなく、保証された診断を満たしていないのです。
ホーチミン人民委員会のグエン・ティ・トゥー副委員長は緊急会議を開き、子供に優しいまちづくりのための5年(2017年から2021年)プロジェクトを600万ドルかけて行うと発表しました。さらに、全ての幼稚園に対してカメラの設置を必須としました。
これらの取り組みが効果的かどうかは置いておいて、疑問となるのは、子供達にそこまでひどいことをするのは、何が人々をそうさせているのか、そしてどのように無抵抗の子供達にひどい仕打ちをするのかということです。

事が明るみになることと罰則への恐怖による抑止力は、何がこのような行動を引き起こすのかを解明する答えにはなりません。防犯カメラは人々の残忍性、不満、怒りなどの人々を残酷にしてしまう狂気を発見する事ができるのでしょうか。
直接痛めつけられた子供達だけではなく、それを目撃してしまった子供達への身体的かつ精神的代償は、とても重大です。そして彼らの将来の影響は、私たちの社会に深刻な損害を与えかねません。
暴力を振るった者が罰せられるだけでは十分ではありません。彼らは十分に訓練される必要があります。普通の人と比べて、そのような行動を駆り立ててしまう原因は何でしょうか。そのような行動を例外と見て、ルールとしてではなく、起こらないようにするべきです。
教育現場での根深い問題の1つは、未来を担う子供達を教育するという重要な職であるため、適任者を雇用することにあります。明らかに、心無い恐ろしい人々が子供達を見るというポジションから切り離されていないのです。なぜ彼らはこの仕事を選び、なぜ雇われているのでしょうか。子供達への思いやりや愛を雇用前に認識することはできなかったのでしょうか。自制心と生まれながらにして持つふざけたり楽しんだりする子供の自然な気質との間で、成長した時にどのように評価されるのでしょうか。

書類上で、教育省がプレスクールの先生に求めていることは、子供を愛し、体系的方法で子供達に教える技術があるということです。これらは十分で適切であるように見えます。またプレスクールは、真剣な学校教育の場というよりも、子供達の身体的なニーズ(食事、清潔など)の面倒を見る場所としても認識されているかもしれません。これは明らかに誤った考えで、未
発のうちに防ぐ必要があるのです。
アクションエイドの2016年の教育への公共支出の統計によると、健康と公共交通、プレスクールに割り当てられる州予算の一部、一般教育はたった8.2%です。初等教育では28%、中等教育では21.6%、高等教育では11%となっています。
フン・スアン・ニャ文相はプレスクールの施設や教師への投資は未だに限定的だと認めました。プレスクールの教員不足は多くの地域で深刻な問題となっています。ある教育専門家はプレスクールの発展のための基本計画が欠如していると話しています。
しかし、最初に気づくべきは、教えるという仕事は全ての人ができることではないということです。かつてカール・ユングは、子供達は大人によって教育されると言いました。さらに、木が日光がないと成長できないのと同じように、小さな愛情では子供を育てることはできないとも言っています。
厳しい雇用プロセスがこの問題の解決策になるべきです。幼児教育の学位とは別にテストを行い、感情的な行動や教育者としての心理的な部分を判断するべきなのです。