早く仕事を手にするための15のコツリスト

そんなに時間をかけなくても、すぐに仕事に就くためのコツがあります。私はそれらのコツを知らずに仕事を探している人々から話を聞くことができました。
最近話した1人は、面接の後にお礼状を送るべきだということを知りませんでした。別の人は、履歴書にすべての職歴を記載する必要がないということに気がついていませんでした。
このリストに載っているコツのうちのいくつかは小さなことですが違いを生みます。そのほかは、仕事を探す上でとても重要なことです。ここに就職活動を早く終わらせるのに役に立つ15のコツを記載します。

このリストを確認して、もし実践していないことがあれば、ぜひ試してみてください。

早く仕事を手にするための15のコツ

1. オプション検索で時間を短縮しましょう。
すべての主要な求職サイトには「オプション検索」というものがあり、キーワード、場所、近隣施設、職業、会社、職種、投稿された日付などで検索することができます。これは私がお勧めする求職サイトベスト10とオプション検索を使いこなすコツです。
あなたの就職活動の時間を短縮するためにも、私たちの30日間の新しい仕事にサインアップしてください。

2. 見つけた仕事に片っ端から応募するのはいい方法ではありません。
あなたにとって適任の仕事を探すことにフォーカスしましょう。そうすることで面接の機会にも恵まれるでしょう。履歴書やカバーレターを手当たり次第送るのは時間の無駄です。就職活動を始める前に、どのような仕事を探すのかをはっきりとさせておきましょう。働きたい場所を絞るには、まず企業をリスト化しましょう。

3. 雇用主からの返事を待っている間、仕事に応募することをやめないでください。
多くの求職者は仕事に就くまでに、15社以上不合格になっています。失敗から学び、ぴったりの条件を得るまで応募し続けましょう。目標は複数の企業から内定を得ることです。

4. 明確なカバーレターをつけなければ、あなたの履歴書は見向きもされません。
面接の機会を得るには、数秒で人事担当者を惹きつけなければなりません。私には応募書類を確認する人事担当者の知り合いがいます。彼らは応募者が会社に対して何をできるかというのをカバーレターの最初の段落に書いていないと、面接の機会を与えることはないと言っていました。

5. 履歴書にも重きを置きましょう。
カバーレターだけが重要なわけではありません。履歴書の完成度も、仕事にマッチするように高くなければいけいません。
そうしなければ、あなたの履歴書は採用申込者追跡システムや人事部によって弾かれてしまいます。

6. 履歴書にすべての職歴を記載する必要はありません。
ある人が、私に履歴書を見せてくれましたが、そこには40年以上の職歴が記載されていました。残念ながら、それらは心を動かされるようなものではありませんでした。情報が多すぎかつ求人にマッチするような経験はなかったのです。

7. 履歴書に書けるのはフルタイム雇用されたものだけではありません。
長い間社会から離れていると、履歴書に書くことがなく不安になるかもしれません。しかし雇用歴以外にもあなたの履歴書に書けることはあります。

8. 管理職や成功者のようなプロフェッショナルな服装で臨みましょう。
外見はそこまで重要ではないかもしれませんが、皆そのようにしています。面接の最初の数分というのは、第一印象が全てと言っても過言ではありません。応募する仕事の種類や会社に適した服装で臨みましょう。

9. ありのままでいましょう。
ヒューマンリソースの専門家(キャリアリンクベトナムの日本人担当)はこう言います。準備した受け答え、作り笑顔、相手の望む答えは雇用主に誤解を与えます。雇用主は雇う人について知りたいと思っていて、それは仕事の初日から出社するような人物なのです。

10. 面接中に物語を語ることは、あなたの経験やスキルを共有するには最適です。
あなたが本当に好きなものについて雇用主に伝える手段として、ストーリーを話すという方法があります。面接中に何か質問をされた時、特定のスキルや経験を交えながらその質問に答えてみましょう。具体的な情報であればあるほど、雇用担当者はあなたが適任かどうかを知ることができます。

11. 前の雇用主のことを悪く言ってはいけません。
私が雇用担当だった頃、人々が自分の上司の悪口を言っているのを聞くのに辟易としていました。実際に、面接でよくあるミスの1つとして挙げられるのが、上司や同僚の悪口を言うということです。面接でそのようなことを言う人は、新たに雇用されても同じことを言うようになるでしょう。

12. 面接後には礼状を送りましょう。面接が終わった後も重要です。
礼状を送ることで、雇用を検討してくれたことへの感謝の気持ちを表すことができます。また、あなたの興味や面接中
に伝えきれなかったことを共有する手段にもなります。

13. ネットワークは就職活動において必須です。
多くの仕事はオンラインや人伝など、ネットワークを通じて見つけられます。あなたが仕事を探していると伝えるまでは、誰があなたの助けになるのかわかりません

14. 推薦状は仕事を得る上で大きな違いを生みます。
推薦状は重要で、雇用主はそれを確認しています。上司、同僚、顧客、部下などから推薦を得ましょう。それらをLinkedinなどで集めて、いつでも共有できるようにしましょう。あなたについてよくない推薦状を得るのではないかと不安がある場合は、あなたの信用を増すような個人的な推薦状を得る努力をしましょう。

15. 同じ仕事に何度も応募することも可能です。
やりたい仕事に応募したものの、何も音沙汰がないこともあるでしょう。そんな時は、求人情報をもう一度見てみましょう。もう一度応募することは可能ですが、自分の適性が履歴書やカバーレターにしっかりと記載できているかどうかを確認しましょう。また、Linkedinで誰が知り合いかを確認しましょう。2度目の紹介を得ることができるかもしれません。

追加情報
面接前は靴を磨きましょう。これは必須ではありませんが、雇用側はあなたの靴を見ています。靴磨きがないなら、皮や多目的クリーナーが役に立ちます。頭からつま先までベストな状態で臨みましょう。

72時間以内に仕事を見つける方法

時に、仕事を見つけるのは永遠に時間を取られるように感じてしまいます。応募先を見つけ、連絡を待っているのは終わりが見えないこともあるでしょう。しかし、フェイスブックなどのSNSを使った人は3日で仕事を見つけることができたのです。
SNSとしても身近なフェイスブックを使いこなせるようになれば、あなたもすぐに仕事を見つけることができるはずです。

友人のクリスティーンが見つけた方法を例に紹介します。

クリスティーン曰く、「宿泊していたブイビエンのバックパッカーホテルのオーナーがヒントを教えてくれるまで、仕事探し1日目は、全く先が見えなかった。」とのこと。そしてヒントをもらったクリスティーンは直ぐに行動を起こし、手当たり次第にフェイスブックのコミュニティーに書き込みをしました。問い合わせのあった人には、事前に用意したレジュメ(履歴書)を送りました。

2日目の午後には、問い合わせがあり返信をした半数に当たる4件から面接の連絡がありました。3件は翌日にセッティングしてもらえました。

3日目の午前に1件、昼に2件の面接を終えると、夜には2件の採用通知があったそうです。

あくまでも、これは一例にしか過ぎないのと、英語教師と言う日本人にはなりにくい職種なので、あまり参考にはならないかと思います。しかし、求人コストを下げたい会社はフェイスブックで募集告知をしていることもありますので、飲食業やサービス業で仕事を探す人には良い方法だとも思います。