ベトナムのビザと労働許可

ベトナムへの移住を考えていますか?もしそうなら、この記事を読んでください。
ビザ、地理、気候、観光地など、移住者へのお役立ち情報を多数お届けします。

ビザについて
新しい家に引っ越す前に、ベトナム滞在にはビザが必要になります。目的と滞在期間に応じて、以下の種類のビザがあります。

・観光ビザは1ヶ月の滞在に有効なビザです。有効期間内に入出国が何回でもできるものと、1度だけしかできないものがあります。どちらも最長で1ヶ月までの滞在となります。
・ビジネスビザは少し複雑です。申請には雇用主などの保証人が必要となります。最長で1年、期間内の入出国は何度でも可能です。ビジネスビザを申請するには、保証人を通してベトナム出入国管理局からの承認を得る必要があります。もしビジネス相手、雇用主などの保証人がいない場合は、90日間のビジネスビザであれば申請することができます。
・外交ビザは料金のかからないビザですが、申請者は政府や外国使節からの通知書が必要になります。

ベトナムのビザ申請の厳しいシステム
多くの外国籍移住者は本格的な移住の前に旅行でその地を訪れ、住む場所や子供達の学校選びをすることでしょう。いくつかの国はベトナムとの二国間協定により、15日以内のビザなし滞在を許可されています。この場合は観光ビザも取得する必要がありません。
しかし、長期の滞在とビジネスでの滞在にはビザが必要になります。出発の前に確実に申し込みをするようにしましょう。

●必要書類
・有効期限内のパスポート
・必要事項を記載した申し込みフォーム(オンラインで入手可)
・パスポート用の写真
・申請料
・犯罪歴
・出入国管理局から発行された認定書類

実際に必要な書類や申請料はビザのタイプ、滞在期間、申請数、目的によって異なります。申請料は郵便為替か小切手で支払うことができます。詳細は最寄りのベトナム大使館か領事館に確認することをおすすめします。ベトナムではこれらのビザの規定がよく変更になり、政府の情報が古い場合があるからです。

アライバルビザは詐欺に注意!

いくつかのウェブサイトでは手数料と引き換えにオンラインビザを提供しているところがあります。ベトナム大使館は旅行者に対して、それらのウェブサイトが公式なものではなく、ビザの発行まで至らないケースがあるという警告を出しています。さらに、オンラインでビザを申請した旅行者が、ビザが発行されたものだと思い入国を試みますが、実際には発行されておらず、ベトナムの空港に着いてから入国を拒否され自分の国に帰らなければならないという事例もありました。

入国時にビザを取得するには以下の条件を満たしている必要があります。

・出発した国がベトナムのビザ取得が不可能だった人
・ベトナムに入国する前に複数の国を旅行してきた人
・ベトナムの国際旅行代理店によるツアーでベトナムを訪れた人
・外国船乗務員でベトナムの港から入国し、別の港から出国したい人
・親族の葬式や重病の家族を見舞う為にベトナムに入国する人
・救助活動、災害や伝染病の支援などのベトナム政府が認めた特別な目的がある人

ベトナムに入国する前に、アライバルビザの申請者は出入国管理局から発行される招聘状を手に入れる必要があります。

労働許可とレジデンスカードに関する法律は定期的に変わります。残念ながら、ビジネスビザはベトナムでの長期間の居住や仕事を考えている人にとっては十分なビザではありません。さらに、3ヶ月以上滞在するには労働許可が必要になります。ベトナムの法律は頻繁に変わり、労働許可についても同じことが言えます。実際に、政府は2013年に労働許可についての法令を2013年に変更したにも関わらず、2016年2月にも労働許可取得の簡易化を目指す法令を発効しました。さらに、この法令は労働許可を必要としない人々のカテゴリーを拡大しました。

監視下にある外国人お手伝いさん

フィリピン出身のお手伝いさんの多くは、ベトナムのお手伝いさんとは違い、よく訓練されているプロです。
ベトナムニュース、ハノイ ー ある週末、ジャネットは映画館で映画を観た後、2人の子供を連れて家に帰り面倒を見ていました。それから彼女はランチを作り、子供たちに与え、部屋の掃除をする前に昼寝をさせます。
35歳のジャネットはフィリピン人で、ベトナム人家族のお手伝いさんとして3年間ホーチミン市で働いています。
彼女は毎月600ドルを稼いでいます。これは他のベトナム人お手伝いさんと比べると高いです。通常、ベトナム人は同じ仕事でも月150ドルから200ドルの稼ぎになります。
この収入の違いは雇用主が求める技術に対しての支払いといえます。

ジャネットの雇用主であるランさんは、ジャネットは子供達に自立するための基本的なスキルと、勉強を教えることができると言います。
「彼女は私の子供達が何が好きなのか、どのような食事がいいのかをよく知っています。また、家事に対しても、何の不満もありません。」とランさんは言いました。ホーチミン市の11区に住んでいるホウオンさんもフィリピン人のお手伝いさんに満足しています。
「彼女は几帳面で入念です。明るい色の服は分けて洗濯してくれます。どの服が洗濯機で洗えて、どの服にドライクリーニングが必要かもわかっています。プロ意識が高く、私たち家族のことを口外することはありません。」とホウオンさんは言います。
ホーチミン市にあるお手伝いさん紹介所の管理者は、フィリピンのお手伝いさんは、ベトナムの多くのお手伝いさんと比べてもよく訓練されていて、プロ意識が高いと言います。
「月650ドルから800ドルかかるので、全ての家庭がフィリピン人のお手伝いさんを雇うだけの余裕があるわけではありません。フィリピン人のお手伝いさんがよりプロフェッショナルであるために、ベトナム人のお手伝いさんの平均料金は安くなっています。」と彼は言いました。
ベトナム労働総連合のヴー・クアン・トー労働者労働組合学会長は、ASEANの経済地域とベトナムの取り決めにおいて、ASEAN加盟国は労働者に8つの職業をオープンにしなければならないとしています。
お手伝いさんはこの8つの職業には含まれていないと彼は言いました。
「もちろん、ベトナムに働きに来る労働者は国際的な同意や地域的な同意を得ているわけではありません。」とトー氏は言います。
労働・傷病兵・社会問題省のグエン・ティ・ラン・ホウオン前社会労働科学研究所長は、ベトナムの法律では高い技術を持った専門的な労働者や職人のみをベトナムに受け入れるとしていると言います。
「しかし、そのような労働者を見分けるのは難しいのです。」とホウオン氏は言います。
トー氏は、ベトナムの多くの家庭が他国から来たお手伝いさんを好むという現実を無視できないとしています。
「一度ベトナムのお手伝いさんでは満足できないと感じると、家族は自分たちの求めるお手伝いさんを見つけようとします。」とトー氏は言いました。
しかし、彼はベトナム人のお手伝いさんたちも技術を磨いて、外国人のお手伝いさんと戦えるようにするべきだと強調しました。
トー氏は、ベトナムだけではなく他の国でも働けるような技術を身につけるためのお手伝いさん向けの講習を開くことを提案しています。ハノイ労働・傷病兵・社会問題局のグエン・ドゥック・ビ雇用安全ユニット副局長は、今日、外国人お手伝いさんがベトナムで働くことは許可されていないと言います。
「もちろん、フィリピン人のお手伝いさんがみんな違法就労であると結論づけることはできません。彼らは身分を保障するために多くの合法書類を持っているからです。」とビ氏は言いました。また、局はこの問題に対して調査をするかもしれないということも付け加えました。

ベトナムで働き始めて、もうすぐ一年です。

去年のちょうど今頃のことです。
毎日が暇で暇で仕方がなかった時に、弟からラインで「お正月遊びに行ってもいい?」と連絡がありました。「良いけど」「どこに泊まるの?」って返したら、「友達」と返ってきた。「そうなんだ」と返したけど、頭の中は『なんで海外に友達がいるの?』でした。
私と違って外国語が話せなくて日本大好きな弟が海外にくるというだけでも理解が難しいのに、それに加えて海外に友達がいるというのは、不思議でしかありませんでした。
『彼女だったらどうしよう?』『結婚式の挨拶にくるんじゃ?』といろいろな妄想が膨らんでしまい、結局その晩、母親にラインしたのでした。
母親からは爆笑の絵文字と共に「中学校からの同級生で、泊まりにきたことがあるから会ったことがあるんじゃない?」と。

去年の12月30日に弟がホーチミンにやって来て、その晩に弟と弟の友達(以下、Eさん)、私の夫と私でBinh Thanh区にある海鮮レストラン(弟の友達のおすすめ)へ行って会食しました。
Eさんは、夫の会社もベトナム人の紹介をしてもらっているという人材紹介会社(キャリアリンク)で働いているとのことでした。(担当者はベトナム人なので違うようですが。)
夫は知らなかったようですが、Eさんの会社は日本人の紹介も行っているとのことで、なんだか私が仕事復帰をするような話へと発展していきました。夫は嫌がるかと思いきや、「趣味が仕事みたいな人が家にいるせいか、仕事を辞めてから目が死んでる」と軽くディスりながらも後押ししてくれるようでした。

年が明けて(確か1月3日だったような)、夫に「本当に仕事を始めても良いの?」と尋ねると「何を言っているの?バカじゃないの?」「ノリだと思っていた?」と小馬鹿にしたような物言いに少し腹が立ちながらも、嬉しくなり連絡先を聞き忘れていたことを思い出し弟にラインを入れました。Eさんの連絡先を聞くために。

その晩、夫が接待で来れず、Eさんと弟の3人で再び会食しました。

翌日、Eさんの会社に訪問し登録時に私の希望(土曜日が休み)と夫の要望(ホーチミン市内で)を伝え、幾つかの仕事を紹介してもらい、とんとん拍子で面接・就職と決まり、テト明けからの勤務開始となりました。

72時間以内に仕事を見つける方法

時に、仕事を見つけるのは永遠に時間を取られるように感じてしまいます。応募先を見つけ、連絡を待っているのは終わりが見えないこともあるでしょう。しかし、フェイスブックなどのSNSを使った人は3日で仕事を見つけることができたのです。
SNSとしても身近なフェイスブックを使いこなせるようになれば、あなたもすぐに仕事を見つけることができるはずです。

友人のクリスティーンが見つけた方法を例に紹介します。

クリスティーン曰く、「宿泊していたブイビエンのバックパッカーホテルのオーナーがヒントを教えてくれるまで、仕事探し1日目は、全く先が見えなかった。」とのこと。そしてヒントをもらったクリスティーンは直ぐに行動を起こし、手当たり次第にフェイスブックのコミュニティーに書き込みをしました。問い合わせのあった人には、事前に用意したレジュメ(履歴書)を送りました。

2日目の午後には、問い合わせがあり返信をした半数に当たる4件から面接の連絡がありました。3件は翌日にセッティングしてもらえました。

3日目の午前に1件、昼に2件の面接を終えると、夜には2件の採用通知があったそうです。

あくまでも、これは一例にしか過ぎないのと、英語教師と言う日本人にはなりにくい職種なので、あまり参考にはならないかと思います。しかし、求人コストを下げたい会社はフェイスブックで募集告知をしていることもありますので、飲食業やサービス業で仕事を探す人には良い方法だとも思います。