ベトナムで働き始めて、もうすぐ一年です。

去年のちょうど今頃のことです。
毎日が暇で暇で仕方がなかった時に、弟からラインで「お正月遊びに行ってもいい?」と連絡がありました。「良いけど」「どこに泊まるの?」って返したら、「友達」と返ってきた。「そうなんだ」と返したけど、頭の中は『なんで海外に友達がいるの?』でした。
私と違って外国語が話せなくて日本大好きな弟が海外にくるというだけでも理解が難しいのに、それに加えて海外に友達がいるというのは、不思議でしかありませんでした。
『彼女だったらどうしよう?』『結婚式の挨拶にくるんじゃ?』といろいろな妄想が膨らんでしまい、結局その晩、母親にラインしたのでした。
母親からは爆笑の絵文字と共に「中学校からの同級生で、泊まりにきたことがあるから会ったことがあるんじゃない?」と。

去年の12月30日に弟がホーチミンにやって来て、その晩に弟と弟の友達(以下、Eさん)、私の夫と私でBinh Thanh区にある海鮮レストラン(弟の友達のおすすめ)へ行って会食しました。
Eさんは、夫の会社もベトナム人の紹介をしてもらっているという人材紹介会社(キャリアリンク)で働いているとのことでした。(担当者はベトナム人なので違うようですが。)
夫は知らなかったようですが、Eさんの会社は日本人の紹介も行っているとのことで、なんだか私が仕事復帰をするような話へと発展していきました。夫は嫌がるかと思いきや、「趣味が仕事みたいな人が家にいるせいか、仕事を辞めてから目が死んでる」と軽くディスりながらも後押ししてくれるようでした。

年が明けて(確か1月3日だったような)、夫に「本当に仕事を始めても良いの?」と尋ねると「何を言っているの?バカじゃないの?」「ノリだと思っていた?」と小馬鹿にしたような物言いに少し腹が立ちながらも、嬉しくなり連絡先を聞き忘れていたことを思い出し弟にラインを入れました。Eさんの連絡先を聞くために。

その晩、夫が接待で来れず、Eさんと弟の3人で再び会食しました。

翌日、Eさんの会社に訪問し登録時に私の希望(土曜日が休み)と夫の要望(ホーチミン市内で)を伝え、幾つかの仕事を紹介してもらい、とんとん拍子で面接・就職と決まり、テト明けからの勤務開始となりました。

モンスターたちはどのようにして保育の仕事に就いたのか

ホーチミン市にあるMam Xanh幼稚園の3人の保育士が、3歳から5歳の子供の顔、背中や頭を叩き、怒り狂って子供を投げているところを目撃されました。幼稚園で乳母や保育士が子供達に行った残忍な行為はとても恐ろしいものでした。

これは社会的にも心理的にも深い沈滞を示しており、親や大人、権威や政治家誰もが認識できていないものです。
ソーシャルワーカー、心理学者やその他の専門家などはこの問題について信用できる説明をしていません。犯罪-罰-抑止力という典型を超えてしまっているのです。
チャン・ダイ・クアン国家主席は子供達に対する暴力を防ぐために、今週、国中のプレスクール、幼稚園、子供グループの幅広い検討と法遵守の点検を行いました。
要請は国で問題になっているプレスクールでの暴力について最新の情報を得るために行われました。ホーチミン市にあるMam Xanh幼稚園の3人の保育士が3~5歳の子供の顔を叩いているところを目撃され、背中や頭を叩き、さらに子供を投げていたようです。

プレスクールの先生や保育士が子供達を平手打ちしたり、手やスプーン、ナイフで叩いたり、殴ったりしているところを明らかにしています。当然のことながら、これらの被害に遭っている子供は低所得者層の子供で、小さな私立幼稚園に行かせることしかできない家庭ばかりです。そして、その多くは違法な幼稚園なのです。権威の反応(検査、点検、再調査、より厳しい法律や罰則)が必要とされていますが、特に新しいことをする様子もなく、保証された診断を満たしていないのです。
ホーチミン人民委員会のグエン・ティ・トゥー副委員長は緊急会議を開き、子供に優しいまちづくりのための5年(2017年から2021年)プロジェクトを600万ドルかけて行うと発表しました。さらに、全ての幼稚園に対してカメラの設置を必須としました。
これらの取り組みが効果的かどうかは置いておいて、疑問となるのは、子供達にそこまでひどいことをするのは、何が人々をそうさせているのか、そしてどのように無抵抗の子供達にひどい仕打ちをするのかということです。

事が明るみになることと罰則への恐怖による抑止力は、何がこのような行動を引き起こすのかを解明する答えにはなりません。防犯カメラは人々の残忍性、不満、怒りなどの人々を残酷にしてしまう狂気を発見する事ができるのでしょうか。
直接痛めつけられた子供達だけではなく、それを目撃してしまった子供達への身体的かつ精神的代償は、とても重大です。そして彼らの将来の影響は、私たちの社会に深刻な損害を与えかねません。
暴力を振るった者が罰せられるだけでは十分ではありません。彼らは十分に訓練される必要があります。普通の人と比べて、そのような行動を駆り立ててしまう原因は何でしょうか。そのような行動を例外と見て、ルールとしてではなく、起こらないようにするべきです。
教育現場での根深い問題の1つは、未来を担う子供達を教育するという重要な職であるため、適任者を雇用することにあります。明らかに、心無い恐ろしい人々が子供達を見るというポジションから切り離されていないのです。なぜ彼らはこの仕事を選び、なぜ雇われているのでしょうか。子供達への思いやりや愛を雇用前に認識することはできなかったのでしょうか。自制心と生まれながらにして持つふざけたり楽しんだりする子供の自然な気質との間で、成長した時にどのように評価されるのでしょうか。

書類上で、教育省がプレスクールの先生に求めていることは、子供を愛し、体系的方法で子供達に教える技術があるということです。これらは十分で適切であるように見えます。またプレスクールは、真剣な学校教育の場というよりも、子供達の身体的なニーズ(食事、清潔など)の面倒を見る場所としても認識されているかもしれません。これは明らかに誤った考えで、未
発のうちに防ぐ必要があるのです。
アクションエイドの2016年の教育への公共支出の統計によると、健康と公共交通、プレスクールに割り当てられる州予算の一部、一般教育はたった8.2%です。初等教育では28%、中等教育では21.6%、高等教育では11%となっています。
フン・スアン・ニャ文相はプレスクールの施設や教師への投資は未だに限定的だと認めました。プレスクールの教員不足は多くの地域で深刻な問題となっています。ある教育専門家はプレスクールの発展のための基本計画が欠如していると話しています。
しかし、最初に気づくべきは、教えるという仕事は全ての人ができることではないということです。かつてカール・ユングは、子供達は大人によって教育されると言いました。さらに、木が日光がないと成長できないのと同じように、小さな愛情では子供を育てることはできないとも言っています。
厳しい雇用プロセスがこの問題の解決策になるべきです。幼児教育の学位とは別にテストを行い、感情的な行動や教育者としての心理的な部分を判断するべきなのです。

「根拠のない」仕事の安全性の主張に対するサムスンの回答

スウェーデンの非営利組織IPENは、サムスンのベトナム人労働者が疲労、めまい、流産など健康面で問題を抱えているという報告を発表しました。この報告に対する回答として、サムスンの代表者は100,000人(うち4,000人が妊娠中)の労働者のうちの45人の女性労働者を対象に調査をし、IPENの主張には根拠がないと発表しました。

サムスンの回答
11月初旬、スウェーデンに本拠地を置く非営利団体IPENが、ベトナムにあるサムスンの2つの工場の45名の女性の健康状態を調査した結果は、サムスンが労働の安全性を確保していないという根拠のない主張となりました。
サムスン電子はベトナム北部のバクニンとタイグエンに2つの携帯電話工場を持っており、サムスンが世界に供給している携帯電話の半分がベトナムで製造されています。
工場には100,000人以上の労働者がおり、昨年は360億ドルの利益を生み出しました。これはベトナムの電子産業全体の68%になり、ベトナムでもっとも稼いでいるセクターです。
「バクニン、タイグエンとその他の韓国の工場を比べると、多少の困惑はあるかもしれません。ベトナムでは、労働者は携帯電話の組み立てのみ行います。健康を害するような有毒な化学薬品を扱うことはないのです。アルコール洗浄などは行いますが、それが健康を害することはありません。」とサムスン電子ベトナムのリュ・キル・ソン代表はvnexpress.netで話してい
ます。
2つの工場を合わせて100,000人以上の労働者がお理、そのうち4,000人が妊婦です。「45人の調査では、特定の根拠なく流産率がと高いとしています。実際に何例あったのか、どの程度深刻なものなのかという実態が全くわかりません。結論づけるには、45人というサンプルは少なすぎるのです。」と彼は強調しました。
労働者がずっと立ちっぱなしで、休憩を与えられていないという主張には、立って作業するか座って作業するかは、どの工程を担当しているかによるとリュ・キル・ソン代表は言います。
労働者は2時間ごとに10分間の休憩があり、ランチかディナー休憩として1時間与えられています。トイレ休憩はいつとってもいいのです。

MOLISA(労働・傷病兵・社会問題省)の検査
2017年、労働・傷病兵・社会問題省(MOLISA)はバクニンとタイグエンのサムスン電子の工場に検査に入りました。MOLISAによると、全ての労働者が労働契約にサインをしており、社会保険、雇用保険、健康保険に加入しているとのことです。
会社は規制に従って休憩時間、休暇、テト休暇を確保しています。労働者の給料は地域の最低賃金よりも高く、年に1度の健康診断があり、危険業務に就いている者と高齢者には年に2度行います。
しかし、MOLISAはサムスンが3つの違反をしていることを見つけました。残業時間(上限月30時間)の超過、無理なシフト割り当て、13,600人以上に対する衛生講習の未実施です。ただ、他の電子セクターが10から12の違反をしていることを考えると、その割合は低いといえます。
「MOLISAが調査した結果では、IPENが発表したような違反はありませんでした。」とMOLISAのグエン・ティエン・トゥン主任監査官はインタビューで答えました。さらに、省はIPENの主張を裏付けるための調査をする予定はないとしています。
トゥン氏は残業時間の超過は海外企業においてよくある違反であるとし、省は政府に対して、輸入業は600時間に拡大するよう進言するつもりです。サムスンは昨年のベトナム最大の輸出先であり、電子部品の輸出で400億ドルの収益をあげ、ベトナムの輸出利益の23%に貢献したのです。

72時間以内に仕事を見つける方法

時に、仕事を見つけるのは永遠に時間を取られるように感じてしまいます。応募先を見つけ、連絡を待っているのは終わりが見えないこともあるでしょう。しかし、フェイスブックなどのSNSを使った人は3日で仕事を見つけることができたのです。
SNSとしても身近なフェイスブックを使いこなせるようになれば、あなたもすぐに仕事を見つけることができるはずです。

友人のクリスティーンが見つけた方法を例に紹介します。

クリスティーン曰く、「宿泊していたブイビエンのバックパッカーホテルのオーナーがヒントを教えてくれるまで、仕事探し1日目は、全く先が見えなかった。」とのこと。そしてヒントをもらったクリスティーンは直ぐに行動を起こし、手当たり次第にフェイスブックのコミュニティーに書き込みをしました。問い合わせのあった人には、事前に用意したレジュメ(履歴書)を送りました。

2日目の午後には、問い合わせがあり返信をした半数に当たる4件から面接の連絡がありました。3件は翌日にセッティングしてもらえました。

3日目の午前に1件、昼に2件の面接を終えると、夜には2件の採用通知があったそうです。

あくまでも、これは一例にしか過ぎないのと、英語教師と言う日本人にはなりにくい職種なので、あまり参考にはならないかと思います。しかし、求人コストを下げたい会社はフェイスブックで募集告知をしていることもありますので、飲食業やサービス業で仕事を探す人には良い方法だとも思います。