ベトナム就職をしてから思うこと

ベトナム就職してからは2年経ってませんが、ベトナム就職を決めてから約2年が経ちました。
はじめは、ベトナム就職、特に現地採用として働くことに対して良いイメージを持ってませんでした。
しかし、ベトナムで現地採用として働いてみると、今までの駐在員で働いていた時よりも人間的に自由があり、楽しく働くことが出来ました。もちろん、給料はグンと下がります。私は商社で働いていたので半分近く下がってしまいました。
スパやエステ、会食などに頻繁に行かれる人であれば、駐在員の給料でないと厳しいと思います。しかし、週に1回程度のスパで満足出来れば、現地採用として働いた方が得られる経験などは断然多いです。
駐在員は給料が多いですが、ほとんどの方の場合は生活の自由を交換する形で得るものだと思います。私が商社で働いていた時は、お客様との会食が週に3〜5回あり、全てが経費でまかなえるわけではなかったため、給料があっても外食などの遊興費が多くて大変でした。
今の会社は、お客様との会食の際は1軒目は出してくれます。2軒目を許してしまうと、いろいろな問題があるからだそうです。その問題は、男性社員がカラオケに行ってしまうということが上げられます。

情熱マリーがオススメするベトナム就職のための求人情報サイト

ベトナム就職をして現地採用となって2年目の情熱マリーがオススメするベトナム就職に欠かせない求人情報サイトを厳選して紹介したいと思います。

キャリアリンクベトナム


サイト名:ベトナム求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンクベトナム(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:キャリアリンクアジア株式会社
<情熱マリー的オススメポイント>
ベトナム・タイ・日本に拠点を持つ人材紹介会社が運営している求人情報サイトです。地域ごとにカテゴリーが分けられているので、ハノイ求人情報ホーチミン求人情報ダナン求人情報と有名な地域だけでなく、ビンズン求人情報バクニン求人情報などの地方都市の求人情報も充実しています。


カモメアジア転職


サイト名:アジアの求人を探すなら【カモメアジア転職】(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:RGF Human Resource Consulting Shanghai Co.,Ltd
<情熱マリー的オススメポイント>
中国転職といえば、カモメアジアと言うくらい有名なサイトです。人材紹介会社の求人情報が多いのですが、中には会社から直接募集されているものもあります。直接、応募するときは、人材紹介会社からのサポートを受けられないですが全て自分でやっている感があり楽しいです。


アイコニック


サイト名:ベトナムで求人-転職-就職-仕事(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:ICONIC Co., Ltd
<情熱マリー的オススメポイント>
ベトナムで比較的長く人材紹介を行っているアイコニックが運営している求人情報サイトです。サイト構成はシンプルで使いやすいです。


RGF


サイト名:リクルートの海外求人・転職サイト【RGF】(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:RGF HR Agent Vietnam Co., Ltd.
<情熱マリー的オススメポイント>
RGFは日本最大の人材総合商社であるリクルートのグローバル子会社です。そのため、日本で仕事を探す人からすると、ブランド力からの安心感があります。上述したキャリアリンクのように地域や職種がカテゴリ分けされているだけでなく、英語を活かせる求人情報中国語を活かせる求人情報など、こだわりのある人には便利です。


ジェリーフィッシュ


サイト名:ベトナム求人・就職・転職・仕事はJellyfish HR All rights reserved.(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:Jellyfish HR Co.,Ltd
<情熱マリー的オススメポイント>
ジェリーフィッシュは、求人情報だけでなく生活情報も充実しているので就職時だけでなく普段使いができる求人情報サイトです。


廣済堂ベトナム


サイト名:CAREER MARKET VIETNAM(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:KOSAIDO HR VIETNAM CO.,LTD. (KHR VIETNAM)
<情熱マリー的オススメポイント>
人材紹介会社 廣済堂ベトナムが運営する日本人向けベトナム求人情報サイトです。シンプルな作りなので使いやすいです。


AGS


サイト名:ベトナム就職/仕事・求人・就職情報/ベトナム人材|AGSリクルートメント(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:A. I. Global Sun Partners Joint Stock Company
<情熱マリー的オススメポイント>
会計会社で有名なAGSの人材紹介会社部門が運営する求人情報サイトです。


JACリクルートメント


サイト名:海外転職、ベトナム転職・ベトナム求人情報はJAC Recruitment(サイト名をクリックするとHPに飛びます)
運営会社:JAC Recruitment Vietnam
<情熱マリー的オススメポイント>
JACリクルートメントが運営する求人情報サイトです。こちらは日系人材紹介会社ではなく、英国系の人材紹介会社なのですが、日本人のスタッフがいるので日本人が利用しても問題ないと思います。


*利用したことがある求人情報サイトや周りの友人たちが利用して良かったと聞いたところを紹介しています。ここに紹介できなかったけど、私が知らないだけで優良な求人情報サイトもあるかも知れません。

ベトナムで働き始めて、もうすぐ一年です。

去年のちょうど今頃のことです。
毎日が暇で暇で仕方がなかった時に、弟からラインで「お正月遊びに行ってもいい?」と連絡がありました。「良いけど」「どこに泊まるの?」って返したら、「友達」と返ってきた。「そうなんだ」と返したけど、頭の中は『なんで海外に友達がいるの?』でした。
私と違って外国語が話せなくて日本大好きな弟が海外にくるというだけでも理解が難しいのに、それに加えて海外に友達がいるというのは、不思議でしかありませんでした。
『彼女だったらどうしよう?』『結婚式の挨拶にくるんじゃ?』といろいろな妄想が膨らんでしまい、結局その晩、母親にラインしたのでした。
母親からは爆笑の絵文字と共に「中学校からの同級生で、泊まりにきたことがあるから会ったことがあるんじゃない?」と。

去年の12月30日に弟がホーチミンにやって来て、その晩に弟と弟の友達(以下、Eさん)、私の夫と私でBinh Thanh区にある海鮮レストラン(弟の友達のおすすめ)へ行って会食しました。
Eさんは、夫の会社もベトナム人の紹介をしてもらっているという人材紹介会社(キャリアリンク)で働いているとのことでした。(担当者はベトナム人なので違うようですが。)
夫は知らなかったようですが、Eさんの会社は日本人の紹介も行っているとのことで、なんだか私が仕事復帰をするような話へと発展していきました。夫は嫌がるかと思いきや、「趣味が仕事みたいな人が家にいるせいか、仕事を辞めてから目が死んでる」と軽くディスりながらも後押ししてくれるようでした。

年が明けて(確か1月3日だったような)、夫に「本当に仕事を始めても良いの?」と尋ねると「何を言っているの?バカじゃないの?」「ノリだと思っていた?」と小馬鹿にしたような物言いに少し腹が立ちながらも、嬉しくなり連絡先を聞き忘れていたことを思い出し弟にラインを入れました。Eさんの連絡先を聞くために。

その晩、夫が接待で来れず、Eさんと弟の3人で再び会食しました。

翌日、Eさんの会社に訪問し登録時に私の希望(土曜日が休み)と夫の要望(ホーチミン市内で)を伝え、幾つかの仕事を紹介してもらい、とんとん拍子で面接・就職と決まり、テト明けからの勤務開始となりました。