ベトナムはe-visa計画を拡大し、オーストラリアとインドを含む6カ国の旅行者の受け入れをすることを発表しました。これにより、46カ国がe-visaを使用できるようになります。

カナダ、オランダ、ニュージーランド、UAEがその他の4カ国です。

ベトナムは昨年2月から40カ国からe-visaを申請できるようにし、中国、日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデンなどの経済効果が期待できる主要国の観光客を受け入れてきました。

新たに6カ国が追加され、オーストラリアは外国人観光客のうち7番目に経済効果があるとされています。

返金なしの申請料を払うことで、30日間のシングルエントリービザをオンラインで申請することができます。

ビザの承認には3営業日かかります。

e-visaを持っている訪問者は8つの国際空港、13の地上の国境、7つの港から入国することができます。